コラム

  • TOP
  • コラム
  • 鋼材価格高騰、SUS304代替材のご紹介

2022.05.06

製品情報

鋼材価格高騰、SUS304代替材のご紹介

鋼材価格高騰、SUS304代替材のご紹介

ステンレス鋼の価格高騰でお悩みではないでしょうか。

 

ステンレス鋼の価格高騰の主な要因は、原料であるクロム、ニッケル価格の高騰による

影響が大きく、特に一般的に広く普及し使用されているSUS304では、これらの原料を

比較的多く含有しているため、材料価格は急激に高騰しております。

そこで今回は、SUS304の代替材やその他のステンレス鋼をご紹介させていただきます。

 

SUS304の代替材としては、日鉄ステンレス(株)のNSSC FW(フォワード)シリーズや、

SUS821L1(NSSC2120)、 JFEスチール(株)のJFE443CTなどの鋼種があります。

これらはSUS304の代替材を目的として、原料であるニッケルやクロムの含有量を抑えることで

コストダウンを実現し、機能・特長を持たせて開発された鋼種です。

 

これらの代替材の他にも、一般的にはあまりよく知られていないSUS436やSUH409などの

フェライト系ステンレス鋼もございます。SUS304と比較して、総合的にスペックは劣るものの、

用途に合わせて選定すれば、オーバースペックを見直し、コストダウンを実現できるかもしれません。

SUS304との違いや詳細について詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

当社はフェライト系ステンレス鋼の製造実績も多数ありますので、各鋼種にご対応可能です。

また、板巻にて1本からの試作・サンプルのパイプ製作も可能ですので、併せてご検討ください。

 

鋼材価格が高騰しているいま、代替材や薄肉化(軽量化)をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

鋼材価格の高騰に困っていませんか?

ステンレス鋼の耐食性について

 

PAGE TOP