ソリューション事例

02 パイプのアウトソーシングにより
原価低減に貢献!

パイプのアウトソーシングにより原価低減に貢献!

お客様業種:産業機械部品メーカー
提案した用途:産業機械用排管
本件における「当社の強み」
圧倒的な短納期・安定供給

少量試作~大口量産品まで対応するフレキシブル生産

お客様が抱える問題

クライアント様の課題

お客様は内製板巻きで薄肉サイズのステンレスパイプを製造していました。お客様の内製では、溶接不良、外径精度不良、キズや凹みなどの不良が40%発生しており、手直しや廃棄をする事で無駄な費用が発生していました。また、これらの不良により生産性が非常に悪く、エンドユーザーへの納入が遅れてしまうことがあり、残業や休日出勤で対応していました。

シンニチ工業からの提案

シンニチ工業からのご提案

当社パイプの購入に切り替えることで、手直しや廃棄による費用を削減できること、また、薄肉パイプの事は熟知しているので、キズや凹みなどの品質面も改善できることを提案しました。加えて、部品完成までのボトルネックになっているパイプ内製工程が不要になり、エンドユーザーへの安定供給が可能になる事を説明しました。

効果

その結果…

お客様はパイプのアウトソーシングにより、20%の原価低減を実現しました。加えて、ボトルネックになっていたパイプ内製工程がなくなり、次工程の作業が円滑に行えるようになりました。
また、お客様は人手不足になりつつあり不安を感じていましたが、パイプ内製工程に従事していた人員を他事業に回すことができたことで、人手不足も解消できました。
お客様からは、薄肉パイプにもかかわらず、キズや凹みもなく納入できる当社のノウハウに、「さすが薄肉パイプの専業メーカー!」とお褒めの言葉をいただいております。

PAGE TOP