新着情報

2021.06.18

製品情報

鋼材価格の高騰に困っていませんか?

鋼材価格が高騰している今、パイプの薄肉化で材料費削減!

 

急激な鋼材価格の高騰でお困りではないでしょうか。

 

当社は市中にない大径薄肉サイズを特徴とするパイプメーカーです。

(製造範囲は外径50㎜~170㎜、板厚0.6㎜~3.8㎜)

鋼材価格が値上がりしている今だからこそ、当社の薄肉パイプがコストダウンに貢献します!

現行お使いのパイプの薄肉化や、新規開発で薄肉パイプを選定いただくことで

コストメリットを感じていただけます!

 

 

■ STK鋼管と当社パイプの比較例

同じ外径サイズのパイプで、STK鋼管と当社パイプの両サイズが

+10円/kg 値上がりした場合で比較してみましょう。

  サイズ 製品重量 +10円/kg 変動金額
 STK鋼管 φ165.2×t4.5×L6000 106.8kg/本 +1,068円/本
 当社パイプ(SPHC-P) φ165.2×t2.0×L6000 48.3kg/本 +483円/本
差額 -585円/本

 

パイプ1本あたりの材料費で、これほど大きな違いが出ることが分かります。

また、薄肉化による材料費削減だけでなく、表の「製品重量」からも分かるように、

軽量化にも大きく貢献します!

 

 

今後さらに鋼材価格が値上がりしていくと思われる状況下で、

パイプを薄肉にすることでコストメリットが出ることは明白です!

 

ぜひ、この機会に当社薄肉パイプの採用をご検討ください。

 

【お問い合わせはこちらから】

TEL: 0533-88-4151

WEB: https://www.shinnichikogyo.co.jp/contact/

PAGE TOP