ソリューション事例

03 スペックの見直しで
コストダウン実現!

スペックの見直しでコストダウン実現!

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

お客様業種:空調機器部品メーカー
ご提案製品:空調機用圧力容器
本件における「当社の強み」
豊富なラインナップ
圧倒的な短納期供給

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.

お客様が抱える問題

クライアント様の課題

お客様は空調機器用部品メーカーです。当社では、圧力容器のケースについてお客様にヒアリングを実施しました。

圧力容器のケースは、内部からかかる圧力に対する耐圧性が必要であること、またケース内側にケース形状に合わせた部品が挿入されるので内径寸法が必要であるとのことでした。また、製品は一般に流通していない特殊なサイズであるとのことでした。これらの背景から、お客様は高価ではあるが引抜管の使用が必要であると考え、採用していました。

一方で、エンドユーザーからは大幅なコストダウン要請を受けており、製品全体の中で、製造コストを抑えられる部分はないかと悩んでいました。

シンニチ工業からの提案

シンニチ工業からのご提案

当社ではまず、お客様の求める耐圧性能と内径寸法を当社の溶接パイプが満たしているかどうかの分析を行いました。分析の結果、当社溶接管がお客様の要求水準を満たしていることが判明しました。

次に、お客様の使用する特殊サイズのケース用にパイプ製造用の金型を新たに製作する費用を試算しました。

お客様に、要求水準の分析結果と、当社では独自ノウハウにより安価に造管用金型を製作することが可能であることをお伝えし、パイプ切り替えによるコストダウンを提案しました。

お客様はパイプの耐圧性と内径寸法を最重要視されていたので実際にサンプルを試作し、耐圧試験や組付け評価を実施することになりました。試作品での検証の結果、切り替えても問題ないことが確認され、当社パイプが採用される事が決まりました。

効果

その結果…

オーバースペックだった引抜管から当社の溶接管に変更したことにより25%のコストダウンを実現することができました。

また、お客様は引抜管を採用していた時には、エンドユーザーの急な増産要請に対して素材(引抜管)を調達できない事がありました。当社パイプを採用する様になり、急な増産にも対応できるようになったことで、調達の担当者は不安なく調達業務ができるようになったとのことで、当初の課題以外でもメリットを感じてもらうことができました。

PAGE TOP